関連リンク

 

公式が発表したWindows10 無償アップグレードを抑止する方法 | 空中庭園

http://fortune-work.com/2015/windows10-3.html

 

 

2016年4月のWindows Updateの注意事項 

http://freesoft.tvbok.com/cat97/2016/2016_04_windows_update.html 

各OSの状況

  • Windows10
    • ほとんどのPCの場合、今月配信分の更新では特に問題は発生しない感じ。
    • ただし、ごく一部のPCで KB3147458 がインストールできない、または更新に失敗する、更新後にブラウザやメールソフトが正常に作動しなくなる問題が発生する場合がある。
    • 先月・先々月と比較すると、更新にかかる時間はやや長め?
      インストールや再起動含め、10~20分ほどかかる。

  • Windows8.1
    • 手元のPCの場合、更新の確認は1分未満。インストールは5~10分程度。更新中、更新後、共に特に問題は無い感じ。
    • KB3146723
      • 2016年2月、3月にCorel VideoStudioがクラッシュする問題を発生させた KB3140410KB3126587と少し似ているので、VideoStudioユーザーは もし問題発生したらこれを疑う。 
        確認ミスだった模様。次項「その他アプリケーションで発生する問題」で解説
  • Windows7 (4/20追記)
    • 今月配信分の更新によるトラブルや不具合は今の所は無いと思われます。
    • ただし多くのPC環境で「更新プログラムの確認」に異様に長い時間がかかる問題が発生しています。
      • 詳細は別ページ「Windows Updateに時間がかかる問題2016年4月版」に記載
      • 早くても30~40分、長い場合は2時間以上かかる感じ。
      • KB3138612とKB3145739 を手動インストールすれば、多くのPCで時間がかかる問題は解消する。
      • ※全く問題が発生していないPCもある模様。
        (未然に防止するための有効な対処方法は未だ発見できず。)
  • Windows7 先月の後半に配信された分
    一部PCで問題あり。
    • 症状
      PCが起動しなくなる。
      PC起動時に Secure Boot Violation という赤文字の警告が出る。
      • 3月16日頃に配信された KB3133977 が原因と思われます。
      • Windows7マシンを UEFI起動 & Secure Bootが有効になっている場合、KB3133977をインストールすると問題発生します。
      • 対処方法
        BIOS上でSecure Bootを解除する。
      • Secure Bootが必要な場合
        一旦Secure Bootを無効化しOSを起動し、KB3133977を削除した後でSecure Bootを有効にする。
      • 追記注意
        この時、UEFIから旧BIOSブートに切り替えてはいけない。
        「NTLDR is missing」とメッセージが出てOSが起動しなくなる。UEFIは有効なまま、Secure Bootのみを無効にする。
      • 一言メモ
        KB3133977が悪いのではなく、Windows7は元々Secure Bootには対応していない模様。
        (これ知らなかった... /Secure Boot有効にしていると7と8.1 or 10でデュアルブート出来ない、という変な覚え方をしていた orz)
    • KB3146706について
      • KB3146706は4/15頃からデフォルトでチェックが外れた状態になった模様。
        Office関連やコーレルVideoStudioなどで問題が発生する場合もあるので、無理にインストールしない事